マナーを守って、SNSで写真を楽しむ

>

マナー違反は嫌われる

友達のことを考えて

写真系SNSを使う際に一番気をつけるべきなのが、写真を投稿する時です。
自分一人が写っている写真であれば、自分が良いと思って投稿しているので問題はありません。
しかし、友達などの誰かが写っている写真には注意が必要です。

写っている人に許可なく、写真を投稿してしまうのはマナー違反です。
もしかしたら、写っている人は写真を誰にも見られたくないかもしれません。
それが知らないうちに、インターネット上で公開されていたと知れば、
いくら仲の良い人でも嫌な気持ちになります。
その人を怒らせて、思わぬトラブルになることも考えられます。
無断で載せるのではなく、必ず許可を取ってからにしましょう。
もしくは、その人とわからないような工夫をするべきです。

ホントに載せて大丈夫?

あなたが投稿した写真に写っているのが、必ずしも知人だけとは限りません。
背景に知らない人が写りこんでいる場合にも、注意しなければならないと言えます。
その人に許可なく投稿することに変わりはないので、わからないように加工が必要です。

写真に写っている人だけではなく、場所や物においても同様に気をつけましょう。
例えば、会社の内部の写真には、社外秘である機密情報がたくさん含まれている可能性があります。
出版されている本の写真は、著作権を侵害します。

このように、何も考えずに写真をそのまま投稿することで、様々な人に迷惑をかける恐れがあります。
そもそも写真を撮る前に、本当に撮って良いものかどうかを考えるべきなのです。


TOPへ戻る